コンプレックスとおさらば

顔

綺麗な鼻を手に入れる

近年、プチ整形などの気軽な施術方法が話題となり、整形手術を受けるため、病院を訪れる女性が増えてきています。その中でも、今、鼻整形が人気を誇っています。鼻は、顔の立体感を大きく左右する重要なパーツです。患者さんの要望は様々ですが、中でも一般的なものは、「鼻筋を通ったものにしたい」というものです。すっきりとした鼻筋は、美人に見え、顔の印象もぐっと大人っぽくしてくれます。では、そのような手術はどのようにして行われるのか、注意すべき点はどのようなものがあるでしょうか。方法としては、ヒアルロン酸注射、プロテーゼ、ゴアテックスなどがあります。ヒアルロン酸注射は、直接注射をするだけなので、とても簡易的に鼻を高くすることができます。その反面、横に広がりやすくなるので、ダウンタイムを多めにとることが重要です。プロテーゼとは、近年人気の方法です。プロテーゼとは、シリコン樹脂で出来た人口軟骨を、鼻の付け根に挿入して、鼻を高く見せる手術です。歴史も深い手術で、安全かつ簡単で人気の手術ですが、過度な高さ調整や、鼻の先までの調整を行うと、皮膚に負担がかかり、綺麗な鼻を作れなくなってしまうので注意が必要です。しかし、プロテーゼ自体はとても固い素材のため、一度入れてしまえば手入れも簡単です。ゴアテックスは、前記プロテーゼと方法は同じで、鼻に直接人口軟骨を入れる方法です。違う点は、ゴアテックスはとてもやわらかい素材のため、フィット感が自然で、仕上がりも自然になります。反面、術後直後はずれやすくなっているので、1週間は安静にしていることが大切です。

様々な施術方法

前記のヒアルロン酸注射のように、メスを使わずに施術ができる方法が存在するため、鼻整形はとても気軽に行える、という認識が広まってきています。また、「鼻筋を通す」という手術のほかにも、鼻整形にはまだまだ種類があります。それぞれの特徴を紹介します。「鼻の穴を小さくしたい」という人は、「鼻翼縮小」というものがあります。上や横に広がってしまった鼻を数ミリ切開し、傷口が目立たない部分を切除し縫合する、という方法です。施術はもちろん麻酔を使うので痛くありませんし、術後すぐに帰宅することが出来ます。また、「豚鼻・団子鼻を直したい」という人には、鼻先を出すようにする「耳介軟骨移植」というものがあります。これは、耳の軟骨を鼻へ移植する方法です。こちらも、傷口はほとんど目立ちません。また、自分の体の一部を使うので、仕上がりもとても自然で、豚鼻・団子鼻で悩んでいる方にはとてもオススメな施術方法です。また、鼻が太く、どっしりとした雰囲気が出てしまう、という方には、鼻の根元を細くする「骨切幅寄せ」というものがあります。鼻の内部に麻酔をして、余計な骨を削り、太すぎる鼻筋をくっきりとさせます。傷跡は内側につくので、傷跡が気になる、といったことは全く起こりません。また、鼻整形が周りバレてしまうのではないか、と心配する方もいるかもしれませんが、近年整形の技術は向上していて、とても自然に綺麗な整形をすることが可能になっていますので、バレてしまうリスクも昔よりはぐっと少なくなりました。